解說

ウィリアム・ブレイド(William Brade 1560-1630)はイングランド出身の作曲家、ヴァイオリニスト、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者で、おおよそルネサンス後期からバロック初期に活躍しました。

ブレイドのイングランド時代についてはほとんどわかっておらず、1590年頃にドイツに渡り、ブランデンブルク辺境伯の宮廷オーケストラのヴァイオリニストとして活動していた頃から初めて記録に現れます。その後、デンマーク・コペンハーゲンのクリスチャン4世の宮廷や、ビュッケブルク・ホルシュタイン=シャウムベルクのフレゼリク3世の宮廷、マクデブルク大司教の宮廷楽長など、様々な職を歴任しています。

さて、ブレイドの活動した当時のドイツでは、自国の音楽語法に海外の音楽様式を取り入れ、大きく発展しようとしていました。1609年にハンブルクで出版したブレイドの作品集では、母国イングランドの作曲家であるJ.ダウランドやP.フィリップス、W.バード等の様式を取り入れてその音楽語法を紹介し、その後ブランルやヴォルタ等の、当時ドイツではなじみの薄かった舞曲も紹介しています。
(1612年には同じくドイツで、フランス舞曲を紹介した有名な舞曲集「テルプシコーレ」(M.プレトリウス)が出版されており、当時のドイツの音楽状況が想像できます。)

今回のフレキシブルアンサンブルのための編曲では、ブレイドの舞曲から

王のイントラーダ
スコットランド舞曲
コランタ
2つのアルマンド

の5曲で構成されています。

 

作曲者:W. ブレイド(William Brade)
編曲者:小野寺 真(Makoto Onodera)
級數:2.5
演奏時間:約6分00秒
出版社:Brain Music 
商品編號:FLMS-87077

 

編制:
Part Ⅰ

Flute,Oboe,Clarinet in E♭,Clarinet in B♭,Soprano Saxophone in B♭,Alto Saxophone in E♭,Trumpet in B♭

 

Part Ⅱ (opt.)

Flute,Oboe,Clarinet in B♭,Alto Saxophone in E♭,Trumpet in B♭

 

Part Ⅲ

Oboe,Clarinet in B♭,Alto Saxophone in E♭,Trumpet in B♭

 

Part Ⅳ(opt.)

Clarinet in B♭,Alto Saxophone in E♭,Tenor Saxophone in B♭,Horn in F

 

Part Ⅴ

Clarinet in B♭,Alto Saxophone in E♭,Tenor Saxophone in B♭,Horn in FTrombone,Euphonium

 

Part ⅤI

Clarinet in B♭,Alto Clarinet in E♭,Tenor Saxophone in B♭,Bassoon,Horn in FTrombone,Euphonium

 

Part ⅤII

Bassoon,Bass Clarinet in B♭,Baritone Saxophone in E♭,Tuba

 

Percussion (opt.)

Renaissance Tenor Drum or Tom-tom,Tambourine

【混合編制5~8重奏】五首宮廷舞曲

庫存單位: FLMS-87077
NT$2,740價格

       樂譜分類

    卡穠出版 Canon Publisher

    室內管樂套譜 Concert Band

     行進樂隊 Marching Band

     管樂教材

    史丹達爾最佳管樂教程

    弦樂團套譜 ​String Orchestra

     重奏套譜 Ensemble

    兒童節奏樂隊套譜

    D V D

    音樂教育設備器材

    美國System Blue 行進樂器

    1/8

    ​聯絡我們|Contact Us

    電話: +886-2-8797-6199    

    傳真: +886-2-2370-9281

    電子信箱: canonart@gmail.com  

    地址: 台北市萬華區長沙街2段96號7樓

    ​LINE: canonmusic       

    微信: canonart

    0
    line logo.webp